話し方が変われば、印象が変わり、印象が変われば人生が変わる可能性がありますよね。少し大げさかもしれませんが、一発目の印象はとても重要なものです。今回は好印象な話し方のコツは何か、ポイントをまとめました。

話し方で印象が180度変わる

チビた
子供の時に話し方なんて考えた事ないぞ〜
兄貴
大人になるにつれて第一印象がものすごくポイントだから覚えておくように

 

第一印象を構成するものは?

皆さんご存知だと思いますが「メラビアンの法則」というのがあります。アメリカの心理学者である「アルバート・メラビアン」が提唱した法則で、「7・38・55のルール」と言う風にも言われています。話し手はこの数値で、目の前の聞き手に勝手に印象を与えている事になるのです。

「7%言語情報:38%聴覚情報:55%視覚情報」

言語情報とは「話の内容」、聴覚情報と言うのは「声のトーン・話しの速さ・声の大きさ」、視覚情報は「表情・仕草・態度・目線等」を指します。このように人は、93%の大部分が「何を話しているのか」より「どう話しているのか」という事に勝手に意識が向いている事が分かるでしょう。

「話し方」を変えるには93%に着目を

法則でも数値化されたように、「非言語」に意識をまずおく事がポイントなります。ただしもちろんのこと、法則は法則に過ぎませんので「見た目」だけではなく「中身」がないと、何のコミュニケーションにもなりませんので、重視するポイントとのみ理解しておきましょう。

ビジネスのミーティング風景
POINT「何を話すか」よりも「どう話すか」

対面で第一印象をガラッと変えるためにできるコツ7選

具体的にいくつかのポイントに分けて見ていきましょう。

ポイント1:話し方の前に「聴き方」

対面の場ではどうしても「うまく話そう」と話す事に意識が向きがちになります。就職、面接、営業など、大切な場面でこそ「聴き方」に重点を置いてみましょう。「目を見ながら、頷きながら、適度に質問をしながら、真剣に目の前人の話しを聞いてみる」まずはここに意識をしてみましょう。

「真剣に話しを聞いてくれる人」に対して、目の前の人は「真剣に話しを聞いてみよう」と思ってくれるものです。もし双方でコミュニケーションを取る場合は、まずは「聴き方」を今一度見つめ直してみましょう。

「よそ見をしている」「相槌を打たない」「口を開けている」「目を何度もそらす」「質問をしない」など、初歩的な事ですが、これは相手にマイナスの印象を与えてしまうものです。自分の癖にも目を向けて、話しの聴き方から改善点を探ってみましょう。

ポイント2:不快感を与えない第一印象

「脳は0.5秒で恋愛の好き嫌いを判断している」こんな研究結果があるほど、第一印象は強烈なものです。必ずしも正装をしている必要はありませんが、見た目の第一印象によって、その後の会話のシャッターが閉じてしまう可能性もありますので、要注意です。

「髪型・服装・靴・カバン」等、パッと目がいく場所には特に「清潔であるのか」を意識しましょう。TPO(時・場所・シチュエーション)に合わせて、服装も選ぶべきでしょう。

オフィス訪問の場合、家庭訪問の場合、カフェ訪問の場合、などシチュエーションでも服装は変えるべきかもしれません。ネクタイをする事が正しいのか、ネクタイをつけないほうが逆に圧迫感がないのか。ご自身で分からない場合は、身近な方からフィードバックを聞くのも必要です。相手がラフな場合、スーツで決め過ぎても相手が居心地が悪いケースもあります。大切なことは「相手目線」です。

ポイント3:声のトーン・速さも相手ありき

恋愛だとしても、営業だとしても「目の前の人」を知ることから始まります。話すスピードがゆっくりな方に、勢いよく話しては不快感を与えてしまう可能性があります。また声の大きさやトーンも、小さな声の方に、大きな声でずっと話すのも気分はよくないでしょう。

「この方は、ゆっくりで落ち着いた話し方を求めているな」と言うように、相手の求めている状態を理解する事に努めてましょう。一定のペースだと、相手もこちらの話しに慣れて飽きてくる可能性があります。声の大きさ、話すスピード等に変化が生まれるような「抑揚」を意識することも、大事なポイントです。

話しを聞いている女性

ポイント4:結論ベース

話しが長いのはほとんどの場合マイナスの印象になるものです。特に質問をされて、結論が遅く、話しが脱線してしまっては不快な印象を与えかねません。もし面談、商談であれば、

「今日は○○の目的で約1時間程度、お時間を頂いています。」

「結論として、お伝えしたいことは3つございます。」

と言うように結論を先に伝える事で、相手と自分の頭の中に共通の認識が生まれます。これを怠ってしまうと、自分と相手の「現在地」がズレてしまう可能性がありますので、結論ベースでお伝えしましょう。

質問をされても一緒です。もし目の前の方から「この商品を他社と比較した場合のメリットは何ですか?」と聞かれて、いきなり話し始めるのではなく「メリットは2つございます。1つ目は…」と言うように、全体像(結論)を伝えてから、ご説明するように意識しましょう。

ポイント5:数値化・具体性

話す事が上手な人は、相手の頭の中に「臨場感」を与える事ができます。もしプライベートの話しをする場合、

・幼少期はサッカーをやっていて、夢はサッカー選手だった

・小学校1年生の頃から週に5日の練習をしていて、将来は横浜マリノスでサッカー選手をする事が夢だった

という情報では全く与える印象が異なるでしょう。商品説明の場合でも「この化粧品はお勧めだよ!」なのか、「発売開始1ヶ月で10万本売れていて、楽天で1位だからこの化粧品はお勧めだよ!」という情報では、後者が圧倒的に伝わるでしょう。

自分の話している事が「数値化されているか」「具体性があるか」と言う事を、今一度チェックしてみましょう。ここを意識するだけでも、かなり相手に伝わる話し方に変われます。事前に数値やデータなども確認しておく必要がありますね。

ビジネスのプレゼンテーションの統計

ポイント6:相手を置いていかない

よく「相手を置いていく話し方」の人がいます。それは3分、5分など、ずっと自分の話ばかりしてしまう場合です。それを防ぐために有効なのは「質問をする」事です。会話はキャッチボールですので、一方的に話すだけがコミュニケーションではありません。

1-2分程度、ある程度話したのであれば、その話しに共通する事、相手への興味関心等を一言質問してみましょう。「○○さんは・・についてはどう思われますか?」「・・について好きなものはありますか?」等の質問をたった1つ挟むだけでも、コミュニケーション能力があると伝える事ができます。

「ここまで話しましたが、今までの中で疑問点やご質問点等は大丈夫でしょうか?」と自分がセールスをしているときは、よくお客様に聞くようにしています。「相手を置いていく事」はコミュニケーションでは致命的ですので、この点もぜひ意識してみてください。

ポイント7:質問力を高める

ポイント1でも触れましたが、「話し上手な人は聴き上手」です。質問はコミュニケーションでは魔法の力を持っていて、たった1回の質問で、自分を主役にする事も、相手を主役にする事もできます。例えば実験です。「一昨日の夕食は何を食べましたか?」と質問をされたら、人は一気に「一昨日」に意識がワープするものです。質問を効果的にできると言うことは、その場の時間の使い方をコントロールできると言うことです。

話し方を変えるためにはこの「質問の仕方」にもよく注意しましょう。いきなり「将来の夢は何ですか!?」とか、「御社の魅力は何ですか!?」と、強めで質問をされては、心地よくないものです。そこで「クッション」と言う考えも意識してみてください。

「先ほど、○○や○○とお話しが出ていましたが、素晴らしいなと感じました。例えばその他には、御社の魅力はどういったものが考えられるでしょうか?お伝えできる範囲で結構ですので、宜しくお願い致します。」

このように「質問」にも前後の「クッション」を付け加えることで、相手が心地よく質問を受け取ってくれるものです。「相手がどうやったら話しやすいか」これ1点に焦点を絞ることで、質問力も格段に変わってくると言えるでしょう。

POINT「聴く力」が身につけば自然と「伝える力」が身につく

まとめ

チビた
メラビアンの法則からもやっぱり第一印象に気を付けなくちゃ..
兄貴
相手が「心地よいか」が最も大事なポイントだね

 

コミュニケーションは相手ありき

「話す」となると「自分」に焦点が向きがちですが、「話しを聞いてくれる人」に意識を向けることで大分伝え方が変わります。

「目の前の人が気持ちよく話しを聞いてくれるには、どうしたら良いだろうか」

この質問が習慣のようにできていれば、「服装、話し方、話す内容、伝え方等」は自然に変化が生まれるでしょう。「相手に伝えたい事が伝わる」時こそ、嬉しいものはありませんよね。コミュニケーションそのものを楽しんでみましょう。最後までお読み頂いて、ありがとうございました。