2018年11月12日から放っておいたインスタグラム投稿をコツコツしていって、約2ヶ月で2000人フォロワーが増加した内容をお伝えします。1万人フォロワーを2018年内に目指しており、毎日コツコツ運営を続けています。ポイントや注意点等をお伝えさせて頂きます。

実際に今はどんな感じ?

チビた
Instagramは2010年〜でもう古くないの?
兄貴
いやいや全然そんな事ないよ!むしろ増えているよ!

普通の男でそんなに顔出ししなくても増えた!

まずお伝えしたいのは「自分は普通の男」です(笑)。よくSNSと相性が合うのは3Bと言われます。Beauty(美)・Beast(動物)・Baby(赤ちゃん・子供)ですが、全くそんな事なく、普通のカフェとかお店の外観がメインです。イケメン男性、筋肉モリモリ、でもありません。

2ヶ月で投稿した枚数は合計51枚ですが、1日1投稿も出来ていませんが、そんな自分でもフォロワー数が着実にコツコツ増えていく為にした事をお伝えさせて頂きます。

どんな結果なの?

現在以下の写真にあるように、フォロワー数は2179人です。投稿枚数は全部で74枚。アカウント自体は2018年3月にゆるく開設していて、何枚か投稿をして放っておいていました。その後11月8日からスイッチが入り、ほぼ毎日投稿を続けています。

またただフォロワー数が多いだけでなく、エンゲージメント率が高く2100人気ほどのフォロワーに対して、いいねの数が700を超えている投稿もあります。この写真で言えばエンゲージメント率(いいね数÷フォロワー数)は約35%です。この写真は、恵比寿ガーデンプレイスの写真で、やはり「インスタ映え」が狙えました。

インスタグラムって今アツいの?

インスタグラムは去年より900万人増

Instagramは2010年10月〜米国でサーボスがスタートしたSNSで、2018年では全世界では10億人のユーザー数とも言われています。一言で「写真・動画コンテンツが軸になったSNS」と言えます。他のSNSとの違いはズバリ「ハッシュタグ機能」で「拡散性が強い」事が特徴といえます。

日本国内で見れば、2017年2000万人のユーザー数だったのに対して、2018年では2900万人まで増えていて、2019年も増加傾向にあるでしょう。下のグラフのようにメインは20代〜40代ユーザーが多く、特に20代女性がアクティブである事が分かります。

出典:Social Media Lab

ビジネスアカウントも急速に伸びている

ビジネスアカウントは全世界で2500万社まで伸びており、企業でもビジネスのマーケティングとしてインスタグラムを活用する会社が増えているのです。特に「写真」のインパクトそのままが相性が良いお仕事として、「フィットネス」「コスメ系」「カメラマン」「ペット」「美容師」などの属性が適していると言えます。もちろん職種は多岐に渡っています。

自分はWEBマーケティング、コンサルタントとして「ビジネス色」強めでのアカウントですが、問題なく増やす事が出来ています。

インスタグラムをビジネスで活用するメリット

その1:属性を絞った集客

インスタグラムは「ハッシュタグ」機能で一発で狙ったユーザーの検索が可能です。例えば、ネイリストのお仕事をしている場合「ネイル」と検索をすれば、まとまってネイル検索が一瞬できるのが、特徴です。

この中で「#ネイル」をクリックすれば、以下のように一気にオススメとして「#ネイル」のハッシュタグをつけた投稿を検索する事ができます。

このように「#ネイル」検索がある事で、自身の投稿に「ハッシュタグ」を自由に付け加える事でで、属性を絞った集客が可能です。もしネイリストであれば、ネイルのハッシュタグで「ネイルに興味がある人」にアプローチができますので、この絞り込みを狙って認知ができるのがインスタグラムの特徴です。

その2:コメント欄を使ったサービスのアピール

Instagramは「写真」や「動画」等、視覚だけのサービスと思われがちですが、だからこそ真面目にコメント欄に記入をして投稿をする事で、他の人と差別化ができます。ある意味小さなブログのようにその写真に関係したコメント・想い等を書き込む事で、考え方に共感する方々が集まってくれるものです。

この投稿では「成功するプロジェクトは?」というテーマで、読んで「有益だ」と思ってもらえるような投稿を箇条書きでしています。実際に、約500ほどの「いいね」が集まった投稿となっています。このようにただ「インスタ映え」となる写真を投稿するだけでなく、もしビジネスで使う場合は「メッセージ性」も。差別化となりサービスアピールの重要な要素と言えます。

その3:ユーザーと直接コンタクトが取れる

2018年11月以降、2ヶ月間で約70件のメールが直接届きました。その中で約半数ほどが、広告のメールですが、半数は純粋にコンタクトへの感謝を届けてくれたメッセージが届いています!こちらからではなくれ先方から送ってもらっているので、とても嬉しい事です。

これは事例として2名の方から届いたメールを載せています。真面目にInstagramで投稿を続けていれば、直接面識のなっ方とも、このように繋がって連絡を取る事が可能です。本当に、サービスの需要と供給が合えば、ビジネスの発展にも繋がると言えます。

その4:インフルエンサービジネス

俗にいうインフルエンサーと呼ばれるチャンスがInstagramには転がっています。Instagramで商品紹介をして、広告収益など、インフルエンサーとして生活をしている人も多くいるのです。

ちなみにInstagramの中でインフルエンサーと言われる定義としては「男性で1万人フォロワー以上」「女性で3万人フォロワー以上」が、最低ラインと言えるでしょう。2016年、2017年であれば、女性でも「1万人フォロワー」がいれば、インフルエンサーと呼ばれるような条件でしたが、より条件は厳しくなってきていて、フォロワー数の定義は増加しいるのが現状と言えます。

ぜひ男性では1万人、女性では3万人を目指す事をまず目標としてみましょう!インフルエンサーになる事で「広告案件」「企業のプロモーション案件」などの依頼が来る事もあります。また「レストラン」「旅館」「ホテル」等で、宿泊をハッシュタグで投稿する事で「インフルエンサー割引」等をしてくれる場合もあるのです。

但し「エンゲージメント率」が重要です。3〜5%以上のアクティブさが見えるアカウントである事が望ましいと言えます。このように「ビジネスの優位性」のメリットだけでなく、一定以上のフォロワー数が獲得できる事で、インフルエンサービジネスも狙える訳です。

大前提!インスタは「毎日の輝き」を見せる場所

TwitterとInstagramでは二大SNSとも言われますが、その特徴はかなり違います。私はTwitterもかなり力を入れて運用していますが、Twitterは「リアル」「日常」「本音」な要素が好まれるSNSと言っても良いでしょう。あまり「夢心地」のような、ふわふわしたツイートはそこまで反応が薄いかもしれません。

対してInstagramでは「非日常」「理想」「夢」の要素が好まれるSNSと言えます。それこそ「インスタ映え」「フォトジェニック」の言葉に代表されるように、ユーザーは「非現実空間のキラキラした投稿」が期待されます。もしInstagramで「ダークな投稿」があれば、さっとスクロールをしてスルーされる傾向があるでしょう。

Instagramでは「美しいキラキラとした投稿」が望まれる事を、大前提理解して活用をしてみましょう!

フォロワー数を増やす為のポイント

ポイント1:プロフィール&アイコン

最も重要な箇所が「プロフィール&アイコン」であることは間違いありません。その人のトップページに飛んで、最初の印象が重要になります。

アイコン

「加工し過ぎず顔がハッキリと分かる写真」が重要でしょう。自分の場合は「マイクを持ったスーツ姿のアイコン」でかなりビジネスっぽい感じ前面に押し出していますが、ビジネスとしてWEBマーケティング・教育コンサルティング事業ですので、割り切っています。

プロフィール

プロフィールは箇条書きで「過去〜現在」のポイントを分かりやすく書く事がこコツです。また「絵文字」をいれてあげる事で、パッとした印象が可愛らしく見える為、適度な絵文字を入れる事もオススメします。そして「取材×仕事依頼が気軽にDMください」とコメントも重要です!2ヶ月前からプロシール文に加える事で、よりメッセージが来やすくなっているのは事実です。

この1言がある事で「相談がよく来る人だろう」という認識に繋がっていますし、実際に「DMがしやすい」という心理効果も働いていると思います。

ポイント2:一番左上の写真が最も見られる

これは自分の写真ですが、一番見られるのは「左上」の写真です。

ここの写真が最新の投稿になり、人は自然と目がいってしまうものです。写真投稿の際は「最も見られるのは左上である」という意識を持って運営をして見ましょう。何日も同じ写真のままであったり、目的の曖昧な写真、クオリティの低い写真等が、ずっと左上にあるのはフォロワー数の増減に影響を及ぼすので注意しましょう。

ポイント3:1日1投稿

投稿頻度としては私は2ヶ月で51投稿で、2000人フォロワーを伸ばす事ができていますので、基本的には「1日1投稿」をベースに考えるべきでしょう。とは言っても、オフの日など外に出かけない事ももちろんありますよね。また「インスタ映え」と言われるような、クオリティが割と高い写真を毎日撮り続けるのも、困難かもしれません。

そんな時は「撮り溜め」です。出掛けた日に「2-3枚」程度、違うシチュエーションの写真を撮っておく事をオススメします。様々な写真をストックして置く事で、投稿日時をズラしてコンスタントに毎日投稿が可能です。

投稿を行うメリットは「トップページの活性化」「ハッシュタグ検索での新しい投稿表示」「新規ユーザーへの周知」等のメリットがあります。ぜひ1日1投稿を目標にして、楽しく運用をして見ましょう!

ポイント4:写真の枚数

Instagramでは複数枚、同時に投稿を行う事ができます。最も「インスタ映え」する写真を1枚目に、2〜3枚程度一緒に投稿する事がオススメです。

この赤い枠のように、写真が複数枚投稿して、スライドする事で見る事ができます。この写真は、8枚程度一緒に投稿をしていますが、2-3枚投稿する事で、写真をクリックしたり「いいね」を押す可能性が高まり、よりエンゲージメント率が高くなる可能性があります。ぜひこのポイントも意識してみましょう。

ポイント5:メッセージ欄

本当に綺麗な「写真」でも、メッセージ欄が一言、なんて事もあります。もちろんビジネスでない場合は、全く問題ないでしょう。しかしビジネスのツールとしてinstagramを活用する場合、コメント欄を有効活用しましょう。メッセージ欄では、私は平均200文字〜400文字程度書いています。内容としては、

・その写真に関連するもの

・その日の気付き

・想いた考え方など人間性が伝わるもの

などで「自己満足」だけでなく、「読んだ方に少なくともメリットが感じられるもの」を意識してメッセージ欄を活用しています。このメッセージを読んでもらえる事で、より一層「人間味」「ビジネスマインド等」をアピールして、フォロワー獲得の一助になる可能性があります。ぜひ、メッセージ欄も意識してみてください。

ポイント6:ハッシュタグ

このハッシュタグはめちゃくちゃ重要です。ハッシュタグがあるのと、無いのとでは、10倍以上「いいね数」も異なった結果に私はなりました。ハッシュタグは1投稿に対して「30個程度」設置して良いでしょう。もちろん「ご自身のビジネスに関連するハッシュタグ」です。

実際に私がどんなハッシュタグを使っているかと言うと、以下のようなキーワードです。

自分のビジネスに関連するキーワードを複数紐付けています。ポイントとしては、投稿欄に記載するのではなく、コメント欄に記載する事をお勧めします。投稿欄がスッキリ見られるメリットがあります。コメント欄にハッシュタグを記載しても、同じ効果が得られる為、こちらをオススメします。自分の場合は「メモ帳」から、定型的なハッシュタグをコピーして貼り付ける事を毎回しています。

また投稿欄では例えば、「その時のシチュエーションに合ったもの・カフェの名前・お店の名前」等、毎回異なるものを3〜5つ程度のみ、ハッシュタグを付けています。その他の定型的なハッシュタグはコメント欄にしています。ぜひ、ご自身のリーチしたい属性に合ったハッシュタグを活用してみましょう。

ポイント7:属性の合った方への「いいね&フォロー」

私が最も頑張った行動としては、このポイント7と言えます。ご自身のビジネスに関係のある人に、積極的に絡みに行く事が重要です。例えば「ネイル」の場合、「ネイル」のキーワード検索で一発で沢山の、ネイル画像を見つける事ができます。

そこでこの検索者一人一人に「いいね&フォロー」をするのではなく、この投稿に「いいね」を押した人に「いいね&フォロー」をする事がポイントです。ここで「いいね」をクリックすると、以下のようにリストで表示されます。

この皆さんは「ネイルに興味を持っている人」である事が分かります。普通に「ネイル」で検索して出てきた方は、同じ業者である事がほぼ確実と言えます。ネイリスト同士がフォローしても仕方ないのです。ですが、このいいねのリストのメンバーに絡む事で「ネイルに興味を持っている顧客」である可能性が高い為、よりエンゲージメント率が高く望まれると言う訳ですが。

私は、この着眼点から順調にフォロワー数を増やす事ができました。ご自身のターゲットとなるキーワード検索で、かつそれにいいねを押している皆さんと絡む事を意識してみましょう。

ポイント8:コメント

やはりSNSの世界でも「自分がしてもらって嬉しいことは相手も嬉しい」訳ですので、ぜひ相手に興味を持ってみましょう。具体的には、コメントをくれる方に対しては、実際に相手のフィード・プロフィール欄に飛んで、写真などの投稿を確認した上で、一言コメント返す事がポイントです。「この人はきちんと見てくれいる」と言うのが相手に伝わりますし、定型文のコメントで無い事で、閲覧している他の人にもアピールが出来ます

定型文の「ありがとうござます!」だけではなく、「ダックスフンドが可愛いです!」「手料理が美味しそうです!」と、やはりその方のポイントをきちんと汲み取って、コメントが返す事が望ましいでしょう。

以上が8つのポイントとなります!ぜひ1つ1つ、今一度チェックをしてみてください。

インスタグラム運用での注意は?

いきなりのDMはNG

これは私の場合、事前に聞いていたので一度もした事がありませんが、フォローされた時点で、ご自身のビジネスの勧誘をいきなりDMで相手に送る人もいます。但し、相手が不適切・不愉快に感じたら相手に「ブロック」「報告をする」と言う事が通報できてしまうのです。例えば、私にはこんなDMがフォローとともにいきなり飛んできた事もあります。

いきなりLINEへの勧誘等、いかにも胡散臭いですよね(笑)。一通目からこれですので、怪しさMAXな訳です。やはり人間関係ができていたり、信頼構築がされていたらまだ別ですが、相手が不審に感じたら、相手に対して勝手に「ブロック」ができてしまうのです。

一説によると、3名程度「ブロック」「報告」が続けば、アカウントが凍結してしまう場合もあるとか。ですから、不用意なDMや、変な絡み方は十分に注意しましょう。

まとめ

以上がInstagram運用のメリット、そしてフォロワーを実際に増やす為にしたポイントでした。一番大切なことは何よりも「楽しむ」ことです!自分は2018年11月から、ひょんなきっかけで再スタートしました。「コンテンツ探し」でアンテナが高くなり、美味しいお店・綺麗な景色・ビジネスのコミュニケーション等が「投稿しよう」とう意欲から、より毎日を楽しく過ごす事ができています。

おそらくこれからもコツコツ、順調に伸ばす事ができると思っています。ぜひInstagramでも絡んでください!今回も最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

「SEOメディア制作のメソッド」&「ストーリーブランディングの教科書」を無料配布しています
良かったらチェックしてみてください
↓↓↓