企業でも個人でも、WEBサイトを持っているのは当たり前の時代になってきました。WEBサイトを企業に依頼することも、外注することも、自分で作ることもできます。本日は、効果の出るWEBサイトの作り方をSTEP毎にご紹介します。

<この記事はこんな方にオススメ>

・WEBサイトをお金を掛けずに作りたい

・効果の出るWEBサイトを作りたい

WEBサイトを作るには3つの方法がある?

チビた
ホームページ立ち上げとか大変そうだよ〜
兄貴
大丈夫!ステップ毎にかな〜り簡単に立ち上げる事ができるから

 

ホームページを立ち上げる場合、幾つかの方法があります。メリット・デメリットがありますので、ぜひ比較検討しましょう。

【方法1】企業に依頼する

ホームページの制作業者に依頼するパターンですが、最も初期投資が掛かると思っておいた方が良いでしょう。

メリット

・クオリティが担保できる

きちんとしたWEB制作会社に頼むことができれば、デザイン等のクオリティは担保できると言えるでしょう。

・時間を取られない

まさに「お金で時間を買う」訳ですから、本業をしている間にホームページを作ることができます。最初の打ち合わせ等がスムーズに行けば、時間を割かずに済む訳ですのでメリットと言えます。

デメリット

・初期投資が掛かる

料金相場は、30万円〜100万円が相場と言えます。もしフリーランス、副業、または新規ビジネスとして立ち上げる場合、この初期投資はちょっと高くついてしまうかもしれません。中にはクラウドソーシングで依頼することができますので、5万円、10万円程度の安価でお願いすることも可能です。しかしその分、クオリティや実績はその人個人によるので、見極めが重要です。

また初期投資以降、月々のメンテナンス費として1万円〜5万円等相場で投資が続く場合がスタンダードです。最初の時点で、メンテナンス費等の、固定費をきちんと確認しておきましょう。

・業者の当たり外れ

業者によっては、「思っていたデザインと違う」「納期が遅れた」「担当者にスキルがない」等、何らかの不満が出てくる可能性もあります。もちろん自分の周りでも、きちんとしたWEB制作を行ってくれる企業もいますので、一概に言えませんが、要チェックです。その企業(個人)の実績を確認するのが、大前提です。

企業のオフィス

【方法2】無料ドメインでツールを使って作成する

自分で作る場合、最も手軽で簡単な方法と言えるのが無料ドメインによるWEBサイト構築です。代表的なツールとしては、WIXペライチJimboAmebaOwnd等が該当します。もちろん各々で強みが異なり一概には言えませんが、以下のメリット・デメリットが考えられます。

メリット

メリットとしては価格の初期投資のハードルが低く済みます。またどのサイトでもデザインが非常に洗練されていますし、目的別に選びやすいのもポイントです。サロン、飲食店、美容室、フィットネス、など目的がすでに決まっているのであればそれに見合ったデザインをすぐに探し出すことができるでしょう。

制作が「すでにフレームワーク化されていて直感的で簡単」というのが、最大のメリットとも言えるでしょう。専門的なWEBの知識が無い方でも、比較的容易に作成することができます。ぜひそれぞれのサイトでもチェックしてみてください。驚くくらい簡単です。

デメリット

気になるポイントとしては「SEO(Google検索上位表示)の効果」についてでしょう。この後に紹介するWordpressとよく比較されるのが、このポイントです。サイトによってはこのSEOを強化している事もすでに始まっていますし、一概には言えませんが、wordpressと比較すると衰えているポイントと言えるでしょう。

ドメインというURL(サイトの住所)が自由に選定できないケースがあります。ドメインがそのサイトに依存されているので「上位表示への懸念点」としても取り上げられます。また「広告表示」がされているサイトもあり、自分の自社サイトであるので、そのサイトの広告が常に表示されているのは気になりますよね…。広告を非表示にする為には、プランをアップグレードする等で排除する事も可能です。

【方法3】独自ドメインで個人で作成する

今日最もオススメするのが、ここです。有料ドメインで、WEBサイトを立ち上げる上で「多くの人に見られる」というのがポイントでは無いでしょうか。その点で、Wordpressでサイトを作る事を私はオススメします。

メリット

・初期投資が安く済む

WordPressで自分で立ち上げる場合、基本はドメイン費・サーバー費等のみで開設できてしまうので、外注コストを0にして作成する事ができます。リスク少なく、スタートができます。

・SEOに強いWEBサイトが作れる

WordPressの最も最大のメリットは「独自ドメイン」で運用ができる点です。このサイトのURL(ドメイン)を見てもらえれば、分かると思いますが「tanakayuta.com」として、余計な文字を省き、好きなドメインで運用ができます。法人であるなら、尚更会社のブランディングに関わってきますので不可欠なポイントとなるでしょう。

デメリット

・初期設定とデザインの手間

無料ドメインでツールを使って作成する場合に比べて、若干のハードルがあるかもしれません。Wordpressは最初の場合「無機質」なデザインに感じるかもしれませんね。但し、エンジニアの専門知識が無くとも十分に設計が可能です。最初の操作に慣れる事ができれば、問題なく運用ができます。

以上になります。「価格・集客効果」の点で、Wordpressをオススメしますので、いよいよWEBサイトを立ち上げる方法をSTEP毎にご紹介します。

POINT依頼も要検討!自分で作る場合は独自ドメイン一択で!

WEBサイトの4STEPの作り方とは?

チビた
ふむふむ。では何からスタートしたら良いの?
兄貴
まずはドメインを取得するところからスタートだ!

 

STEP1:ドメイン取得

いくつか種類はありますが、ここでは「お名前.com」を使用してのドメイン取得方法をお伝えします。

サイトを開いたらトップページに、好きなドメイン名を入力してみましょう!ドメイン名を入力→検索をすると、以下のような画面が出てきます。

上で見ると「白枠」の部分であれば、ドメインが取得可能であるという意味です。ほとんどの場合は「.com」「.jp」をオススメします。「.co.jp」は企業限定のドメインですので、審査が必要です。法人の場合は「.co.jp」で申請を通して、より信頼を高めましょう。好きなドメインを選択したしたら、下にスクロールして「サーバーは利用しない」のままで大丈夫です。「お名前.comへの会員登録」「支払い方法」を済ませましょう。

STEP2:サーバー開設

サーバーもドメインと同じようにいくつか種類はありますが、今回は「WPXレンタルサーバー」を使用してのドメイン取得方法をお伝えします。

2-1:WPXサーバー会員登録

WPXサーバーでまず「会員登録」を済ませましょう。

42-2:「クラウドサービス」で申し込む

「サーバー管理タブ」と「契約管理タブ」の2つがありますが、「契約管理タブ」を選んで「追加のお申し込み」から開設ができます。WPXサーバーでは「レンタルサーバー」と「クラウドサービス」の2つがあります。サイトのPVの変動に対してアップグレードが可能な「クラウドサービス」をオススメします。クラウドサービスでは、「グレード」が聞かれますが、初期は「グレードA」で問題ありません。

サーバーIDには「お名前.com」で取得したドメインを記入します。好きなIDでも可能です。登録が完了したら「サーバー管理タブ」に戻りましょう。

サーバー管理タブに戻ってから、右上の「サーバーID」で先ほど取得した「ID」で「検索」を押します。

2-3:ネームサーバーを指定する

画面をスクロールすると、以下が表示されています。

「Wordpressがインストールされていません」と表示されています。そこで「ドメイン設定」をクリックします。

そこで「他者管理のドメインを追加する」をクリックします。「お名前.com」で取得した独自ドメインで開設するためです。続いて、以下の画面が表示されます。

「ドメイン追加タブ」に初期設定でなっていて、「who is 認証 」になっているかと思いますが、ここで「ドメイン名」の箇所に取得しているドメイン名を記入しましょう。そして、スクロールをすると「指定ネームサーバー」情報が載っています。

まずは「ns1.wpx.ne.jp」をコピーしましょう。ここで「お名前.com」に再度ログインをして、「ドメイン一覧」タブをクリックしましょう。

ここで「ドメイン名」を選んでから、「ネームサーバー」の「変更する」ボタンをクリックしましょう。

ここで「登録情報は正しいので、手続きを進める」を選択してください。そして「他のネームサーバーを利用」のタブを選んでください。すると以下の画面が表示されます。

この「1プライマリネームサーバー」に「wpxサーバー」からwhois情報の指定ネームサーバーから「ns1.wpx.ne.jp」をコピペしましょう。同じように「2セカンダリネームサーバー」には「ns2.wpx.ne.jp」、「3」には「ns3.wpx.ne.jp」をそれぞれコピペします。

そして3つ全てコピペができたら「確認画面へ進む」をクリックしましょう。登録が完了されたら、再び「お名前.com」に戻ります。

STEP3:Wordpressインストール

そして「ドメイン名」にドメインが記入されている事を確認して、「ドメインを追加(確認)」ボタンを押しましょう。※この写真では「ドメイン名」は記入されていませんが、記入をしてください

その後次のページで以下が表示されます。

ここで「追加したドメインにWordPressをインストールする」をクリックして下さい。そして、次の情報が表示されます。

上記の内容に沿って、必要情報を埋めましょう。注意点として「サイトアドレス」では初期設定では「wp-x.jp」となってしまっているので、独自ドメインのものに変更して下さい。「WordPress ID」は自由に設定して構いません。「ブログタイトル」「メールアドレス」の2つは後ほど変更も可能です。「独自SSL」は利用しないので、そのままチェックボックスを入れずに、全て記入ができたら「次へ進む」で進んで下さい。

その後上記のページが表示されますので「確定」ボタンを押して下さい。

これでWordPressの新規インストールが完了しました!ここの3つの情報は非常に大切ですの、閉じる前に必ずメモをして残しておきましょう!自分はPCのメモ欄に記入をしています。

STEP4:Wordpressログイン

いよいよ自分で立ち上げたWordpressへログインをしましょう!上のWordPressの新規インストールで、発行された「ブログURL」の末尾に「wp-admin」を付け加えて、ログイン画面を開きましょう。※「http://○○○.com/wp-admin」のようなURLとなります。

新規インストール時の「管理ユーザ」情報を「ユーザー名またはメールアドレス」の欄にコピペし、「パスワード欄」に、「パスワード」をコピペしてログインしましょう。ログインができると、以下のような初期設定画面が表示されます。

左上のリンクから「ダッシュボード」に飛ぶことができます。

ダッシュボードの画面で、設定をカスタマイズする事で自らのサイトを作っていく事ができます。左側のタブのご説明をします。

投稿

投稿タブでは「ブログ」を作る事ができます。投稿→新規追加より、新しい記事を作る事ができますので、この「ブログ」のクオリティによってWEB集客に大きな役目を果たしてくれるものです。

メディア

写真・動画がファイリングされています。写真の編集等を行う事ができます。

固定ページ

ホームページの「メニュー」を作る事ができます。固定ページ→新規追加から、例えば「会社情報」「実績」「理念」「お客様の声」「お問い合わせ」等のメニューを作ってみましょう。

コメント

ブログやお問い合わせより届くコメントが一覧にされていきます。

外観

・テーマ

ブログそのもののデザインを編集する際に使います。テーマのテンプレートは、無料のものから有料のものまでありますので、予算に合わせて「wordpress 無料 テーマ オススメ」「wordpress 有料 テーマ オススメ」等から、好きなデザインを選んでみましょう。

・カスタマイズ

サイトの基本情報、色の編集等を一気に行う事ができます。

・ウィジェット

ホームページの「サイドバー」と言われる、右側、もしくは左側の情報を編集できます。

・メニュー

スマホでは「ハンバーガーメニュー」と言われますが、ホームページのメニューボタンで何を表示させたいのかを、編集できます。

・ヘッダー

第一印象の「顔」を、PCとスマホ共に編集が行えます。

・テーマの編集

ここはエンジニア知識のある方向けにHTML、CSS等のソースをいじれる場所です。特別なデザインや機能変更等がない場合、基本的には操作をしないで大丈夫でしょう。

プラグイン

WordPressの様々な「オプション機能」を追加できるのがプラグインです。ここでもまず最初に検討したいプラグインなどは、情報収集してダウンロードしてみましょう。

ユーザー

WordPressの管理者、編集者等の情報を追加・編集が可能です。組織で複数で使用する場合など、必要になります。

設定

・一般

サイトタイトル・キャッチフレーズ・日付・時刻等の編集が可能です。

・投稿設定/表示設定

ブログの投稿数、フィードでの表示方法の編集などが行えます。

・ディスカッション

投稿のデフォルトや、コメント等の編集が可能です。

・メディア

画像の最大寸法等を編集できます。

・パーマリンク設定

パーマリンクとは、ブログ等を投稿した際の「URL」設定です。Googleは分かりやすくシンプルなものを好むため、カスタム構造→「/%postname%/」を選択するのがオススメです。

以上が設定変更の全体像となります。SEOに強い初期設定方法等、詳しくは別の記事でご紹介します。

POINT作ろうと決めたら、半日でも確保して一気に作ってしまうのがオススメ

まとめ

チビた
意外と自分でもできそうかも?
兄貴
上のステップ毎に行えば即日開設ができるね!

 

以上のように独自ドメインを取得して、Wordpressのサイトの作り方をご紹介しました。全く初心者の方でも、上記の4STEPで、即日でWEBサイトを立ち上げる事が可能です。集中すれば1-2時間あれば、セットアップは簡単にできるでしょう。

デザインを楽しもう

WordPressをインストールした後は、お楽しみの時間です。Googleを開けばとんでもない数のWEBサイトが存在していて、自分の好きなデザインを見つけてみましょう。Wordpressであれば「テンプレート」のたった1つで、見違えるほどデザインを一瞬で変更する事が可能です。ここで楽しみを見出せるはずです。

そのテンプレートの中でも、カラー設定・ロゴ設定・トップページ・ヘッダー・フッター等を少しずつカスタマイズすれば、世界に1つだけの自分(自社)のWEBサイトが立ち上げられます。

多くの人に見てもらう施策を

ホームページは見てもらうためにあるので、多くの人にWEBサイトを知ってもらいましょう。その施策としては「SEO」「PPC広告」「SNS」「SNS広告」等、幾つか手段がありますが、最もお金がかからないのは「SEO」と「SNS」と言えるでしょう。

ただしその分人集めにある程度の根気と時間を要します。資本力があれば、Facebook、Twitter、PPCなどの広告に投じるのも一つのセオリーです。

自分は非エンジニアなので、最初は「自分ではホームページを作れないな…」とWordpressは斜目に見ていました。ですが触ってみると意外と楽しめるものだと思っています。全く向いていない方は、WordPressを設計してもらう為の「外注」も一つの手です。インストール後がスタートですので、ぜひWordpressライフを楽しんでみてください。