2015年8月から20サイトを構築してきた中で、およそ50種類以上の有料テーマから検討をしてきました。実際にサイトをオープンさせてSEO効果の感じられたものと、そうでないものもあります。企業でもアフィリエイターさんでも、ぜひ有料テーマを検討してみましょう。

そもそもテーマって?

チビた
WordPressのテーマ選びってそんなに重要なの?
兄貴
とても重要だね!実感からはテーマが変わればサイト訪問者の集客率も0が変わるほど結果にも影響すると思っているよ!

WordPressのシェア率は世界で3割

WordPressはプログラミング知識などが不要な初心者でも、比較的簡単にホームページが作れるサイト作成ツールですが、今やなんと全世界でサイトの30%が、WordPressで作られているという統計データが出ています。そのWordPressで一発で印象を変えるのが「テーマ」そのものです。

テーマ選びはWordPressの顔

サイトに訪問をしてパッと見た第一印象ってとても大切ですよね。人がサイトに訪問をしての第一印象を決定付けるのはわずか「1〜3秒」とも言われています。そこで、第一印象で「なんかすごそう」と思わせるのは、戦略的にもとても大切な事なんです。だって、世の中には無数のサイトが存在するわけですし、1秒でサイト訪問者の目を引く必要がありますね。

WordPressの外観→テーマから、新規追加でいくらでも無料のテーマを検索する事ができます。

無料のテーマでももちろん楽しめるのが、WordPressの強みです。無料テーマでもオススメのテーマはいくつかありますが、今回は「有料」のテーマに絞って、あえて購入者特権の「人と違う」テーマを使いこなしてみましょう。

テーマ選びの本質は「結果」が出るか

WordPressの顔だとお伝えしましたが、どんなにかっこいいデザインでも上位表示されて、多くの人に見てもらわないことにはサイト制作の本質とは言えません。「SEO」の観点からもきちんとした結果が出るのか、この点を意識したテーマ選びを行いましょう。

有料テーマを選ぶ5つのメリット

無料テーマでも数百以上のデザインから選ぶ事ができます。多種多様で、このデザインを選ぶのでも楽しいものです。

しかし、無料テーマですと初期コストがかからない分、「デザインの変更に手間がかかる」「予期せぬトラブルが起こる場合もある」「トラブルの場合テーマを作成した専門家に相談できない」などの、課題もあるのです。そこで「有料テーマ」の場合のメリットをお伝えします。

目的(業種)別にテーマを選ぶ事ができる

有料テーマでは「フィットネス」「クリニック」「飲食店」「美容室」など、業種別にテーマが作られている場合があります。その際に、ご自身のビジネスに合わせて、最適なテーマを選ぶ事が可能なんです。このメリットとしては、その業種独自の「トップページの見せ方」「サイトの魅せ方」「写真」「予約方法」など、最初からカスタマイズがされているので容易に当てはめて作る事が可能です。

時短で制作

私が最も感じているのは「時短」です。必要なカスタマイズが最初から施されていますので、「初期設定」「デザイン変更」への時間をなるべく少なく済ませる事ができます。サイト制作の目的はほどんとの方が集客・信頼であり、多くの人に見てもらう事で目的が果たせます。

最初の作り込み・日々のメンテナンスに時間を要していてはとても非効率ですので「初期投資で時間を購入できる」という観点が、大きなメリットと考えられます。

マニュアルがある

テーマによってクオリティは異なりますが、ほとんどの場合制作会社がマニュアルを用意してくれています。これも無料テーマとは異なる点で、よりカスタマイズがしやすいわけです。購入後「どこからどのように変更していけば良いのか」が、マニュアルに沿って進めていけば大抵の人が簡単に変更ができるものです。

制作時間・調べる時間・悩む時間等、マニュアルがある事でやはり時間短縮とストレス短縮になるので、特に最短で結果を出したい方にとってはマストなメリットです。

デザイン性・見た目のインパクト

無料テーマでもデザイン性に優れたものも多くありますが、やはり有料ですとそれを超えるデザイン性が実現できます。特に訪問者の顔となる「トップページ」のデザインは、テーマによってかなりいじって見栄えを良くする事も可能です。

デザイン性の向上は「離脱を防ぐ」「リピート率を向上させる」「外部リンクしやすくなる」という点でも、メリットがありますので、このデザイン性も譲れないポイントと言えます。

SEOに強い

SEOとは「検索エンジン最適化」ともちろん皆さんご存知のことですが、いくら美しいデザインを完成させたとしても上位表示を達成できなければ、人に見てもらえません。SNSやリアルの人脈でで拡散ができる人は別ですが、ほとんどの場合はSEOは切っても切り離せないでしょう。私の知っている事例でも、1年で100記事、1記事3000文字以上をコツコツ書いていても、月間1000PV程度の方も多く知っています。

SEOに強いテーマ選びは不可欠です。この点、無料テーマに比べて有料テーマは、SEOを最初から考えて設計してくれているテーマが多く存在します。最初からサポートがマニュアル化されているので、無料テーマに比べて無駄な試行錯誤をしなくてもOKです。

実体験に基づくオススメの有料テーマ4会社(12選)

チビた
有料テーマにするメリットは沢山ありそうだね〜
兄貴
そうだよ!きちんと運営をすれば初期投資を超えるリターンは確実に得られるね!

それでは私が実際に仕様したもの、調べたものの中で結果の伴っているオススメの有料テーマをご紹介します。今回お伝えをするのは、もちろん「レスポンシブデザイン」対応がされているもので、PC・タブレット・スマホどの媒体でも、美しく表示されるデザインを選んでいます。4つの会社、12種類のデザインテーマをご紹介します。

Emanon

Emanon

Emanon

Emanonは「Web集客」に特化した有料テーマです。実際にこのSTORYのサイトもこのEmanonで構築しているので、大変お世話になっていますよ。このEmanonには3つの種類がありますが、有料テーマである2つをお伝えします。

オススメ1:Emanon Pro

Emanon Pro

価格は「9,800円」。コンテンツマーケティング用の有料テーマで、特にブログメディアなどを構築したいアフィリエイターさんには最適です。効果的なLP機能・CTA機能も実装されているのが強みです。

オススメ2:Emanon Business

Emanon Business

価格は「12,800円」。主に事業サイト用の有料テーマで、ビジネスサイト構築したい企業・個人事業主の人にオススメです。Proの機能に、ビジネス用のデザインやテンプレートが追加で実装されています。

以上のように、目的別に3つから選べるのが特徴です!個人的には、インストール後のマニュアルが分かりやすく書かれているのでその点も使いやすいです。

またデザインのカスタマイズですが「外観→カスタマイズ」から、トップページ・フロントページ・投稿ページ・ウィジェット・ヘッダー・フッターなど、PCとスマホ両方で相当な実装が最初から内蔵されており、十分にデザインを遊ぶ事が可能です!トップページも「動画」設定もできますよ。

1番の強みは、Emanon Businessにおいてはセールス用の「LP」が、かなりの高クオリティで実装できる点でしょう。ご自身の講座・情報商材等の紹介が、最初から実装されているLP設計に沿って制作をしていく事が可能です。通常はLPだけ、またドメインを変えたり外部に飛ばせたりする場合がありますが、サイト内で完結できるのが強みです。

OPENCAGE

OPENCAGE

OPENCAGEのテーマ

OPENCAGEは言わずと知れた王道のテーマと行っても過言ではないでしょう。特にブロガー・アフィリエイター向けのテーマが揃っています。OPENCAGEでは4つのテーマが購入できますが、その中でも3つをご紹介します。私は「ストーク」と「ハミングバード」の使用者です。

オススメ3:スワロー

価格は「9,900円」のブロガー専用のテーマで、プロブロガー八木仁平さんが監修者となって設計されたものです。中身の実装は、限りなく無駄な機能を削ぎ落としたWordPressテーマ仕様になっています。

オススメ4:ストーク

価格は「10,800円」でとにかくモバイルファースト(スマホビュー)に拘った一本になっています。ブログマーケッターのJUNICHIさんとOPENCAGEのコラボで作られたテーマで「新しいスマホビュー時代を作ろう」というコンセプトで誕生しています。

今やサイトユーザーの80%が「スマホからの流入」という事で、モバイルファーストのコンセプトは不可欠です。個人的には、このテーマで「恋愛」「金融」「防災」「健康」と4つのサイトも作らせて、かなり収益としても恩恵を受けていますよ。

オススメ5:ハミングバード

価格は「7,800円」で、とにかく「アニメーション」に拘った一本です。「誰が使っても簡単に美しいブログサイトを!」をコンセプトとして開発された有料テーマになっていますね。特にサイトタイトルやSNSボタンなど、ドヤ感のあるアニメーションでなく、さり気なく美しく見せるデザイン仕様になっています。ぜひPCでのアニメーションを、まずはでもサイトから体感してみてください。

TCD

TCD

TCDは約50種類程度のデザインから選ぶ事ができる、おしゃれな有料テーマの総合マーケットです。現在まで10万社を超える実例があり、テーマの老舗ブランドと言えます。しかも、TCDは1つ1つのペルソナがしっかり考えられていて、全て「目的(業種)別」にテーマを選ぶ事が可能です。業種別で選ぶ際は、No.1のテーマ会社だと考えて良いでしょう。

TCD社は何度も丁寧にメール相談等もしてくれますね。マニュアルも1つ1つのテーマ毎にきちんと用意されているので、その点も安心です。それでは約50種類の中から、オススメのデザインをご紹介します。

オススメ6:NANO

NANO

価格は「34,800円」でデザインは中身の構造は「コーポレートサイトの決定版」と言えるほどの、完成度です。価格は他の有料テーマより強気の値段設定ですね。ただデザインのセンスはもちろん、例えば「会社概要」1つを取っても、さらにその下層構造である「理念」「沿革」「社長挨拶」等、しっかりと考えられた内部構成となっています。

もちろんブログ・ニュース機能も実装されていますので、もし法人・自営業者が自社のホームページを持ちたい場合は、快適な1本と言えるでしょう。

オススメ7:BLOOM

BLOOM

価格は「16,800円」で、特に女子力の高いデザインセンス溢れるWEBマガジンを作れるテーマです。デザインに棘がなく、女性が自然と好みそうな仕様が全体的に施されています。私も恋愛系体験談はこのテーマで運用していました。一度ぜひ、でもサイトに覗きに行ってみてください。他のブログメディアと「なんか違う」という感じを体感できるでしょう。

オススメ8:RUMBLE

RUMBLE

価格は「19,800円」で大規模なオウンドメディアを構築したいアフィリエイターさんにオススメのテーマです。特にトップページ・メガメニュー・ヘッダー等のデザインが、抜群にセンスがあるテーマと言えます。

トップページに飛べば、ジャンル別にコンテンツが多数並べられていて、多くのコンテンツをジャンル別にガンガン投下したいブロガーさんには持って来いと言えるでしょう。

オススメ9:STORY

STORY

価格は「12,980円」で企業のコーポレート・フリーランスで活動している方向けのテーマです。一度ページに飛べば、そのラグジュアリーなデザインセンスが体感できます。トップページのファーストビューが画面いっぱいの画像になっており、若干のエフェクト効果から、特に女性の方にオススメのデザインしようとなっているでしょう。

女性の「美容」「健康」「フィットネス系」分野のジャンルで起業されている方には特にオススメのデザインと言えます。

Digipress

Digipress

Digipress社は「パララックスデザイン」の申し子で、フェード・拡大・縮小・回転等のアニメーションがピカイチのテーマを複数用意してくれています。自分も思わず「やばっ」と声が出るほど、アニメーションはイケています。とにかく一度でもサイトで体感してみてください。今回はおよそ14種類あるデザインの中から、実際に購入済みのデザインをご紹介します。

オススメ10:Voyageur

Voyageur

価格は1ライセンス「7,880円〜」で、このテーマは自分のコーポレートサイト(SECRET GIFT 株式会社)で実際に仕様しているテーマになります。PCでは最初の動画のインパクト(スマホでは動画表示ではない)から、文字のアニメーション等、やはり今までご紹介したデザインとは一味だけです違うことが伝わると思います。

PCでは左側にメニューが配置されており、特に企業などのコーポレートサイトではお洒落なWEBサイト構築が十分に可能でしょう。

オススメ11:Macchiato

Macchiato

価格は1ライセンス「8,580円〜」で、トップページからLPのような使用感になっています。思わずスクロールを何度も、行ったり来たりしたくなるようなデザイン設計です。私はこのデザインで実際にランキングメディアを構築もしました。

VoyageurはPCの場合メニュー場が左に設置されていましたが、このテーマは上部に設定されているので、そこもデザインの違いが際立っていますね。同じようにPCでは大迫力の動画トップページ仕様にすることが可能です。

オススメ12:fresco

fresco

価格は1ライセンス「11,899円〜」で、目に見張るコーポレートサイトが可能でしょう。もしWEBの事が詳しく知らない方であれば「このホームページはいくらかかったんだろう?」と思わず値段が気になる様なデザインが、この価格で手に入ってしまいます。

特に特徴的なのはトップページのスライダーセクションで、他のブログテーマでは見た事がありません。トップページのスライダーセクションはなんと10種類のデザインが実装されていて、好みによって選べるのです。まさに「遊び心」の詰まったテーマと言えるでしょう。

以上、12種類のデザインを選りすぐりでご紹介をさせて頂きました。価格帯としてはそこまで幅がありません。もし自社のサイトやブログを本気で作るのであれば、3年・5年と、一度作ったら続くものです。最初の初期投資としてはどの価格もほぼ変わらないと思いますので、ぜひ「心が動く」テーマを選んで、サイト作りを楽しんでみてください!

有料テーマを選ぶ際の注意事項とは?

チビた
有料テーマと言ってもデザインは本当に色々あるもんだね
兄貴
そうだね!これだけあると選ぶのも楽しいけど、困ってしまうほどだね!購入の前に少し注意点も伝えておくよ!

購入の前に「目的」を明確に

今一度「なぜWEBサイトを立ち上げるのか」という目的をシンプルに見つめ直してみましょう。「新規事業の為にサイトを作りたい」「コーポレートサイトをカッコよく一新したい」「お金をかけずにSEOに強いオウンドメディアをつ作りたい」「フリーランスの自分の活動がわかるWEBサイトを持ちたい」等、目的は様々あるかと思います。

しかしこの目的によって、選ぶべきテーマは異なってきます。各社、また各テーマによってそん「強み」と「特徴」は異なるからです。ただデザインだけで選んでしまっては、目的に合っていないと本来の目的を果たせない場合があります。ぜひ今一度「どんな目的でWEBサイトを立ち上げたいのか」を考えてみてください。

購入の前にデモサイト&そのテーマを使っている人のサイトの確認を

有料テーマは、ほぼ1度の買いきりで1万円〜3万円程度の初期投資がかかります。購入の前に、ぜひデモサイトと、実際にそのサイトでどんなサイトが作られているのかを事前に確認する事をオススメします。「本当にご自身が作り込みたい仕様が実現可能なのか」を事前にチェックしてみましょう。

またもし不安がある場合は、購入前にそれぞれの会社に事前に問い合わせをしてみる事も手です。細かな動作設定の質問は購入ごのマニュアルを見ながらになるので、質問内容は注意しましょう。

プラグインのエラー

有料テーマはその種類によっては「プラグイン」との相性が悪い場合があります。その為、ホームページの実際の表示でエラーになってしまったり、バグが発生してしまう事もあります。

ここばかしは購入後に実際に、試しながら行う必要があると言えます。一概にどの会社、どのテーマ、またどのプラグインが危険などは、判断がつきにくいものです。もし購入後に、何らかのエラーが発生した場合は「プラグインとの相性」が疑われる可能性があるので、ご自身がインストールしたプラグインを、購入会社に伝えるなどして、対応を試みてみましょう。

私自身も何度か、悪くバッティングしてしまったケースがありましたが、プラグインを削除したり、他のものいん移行したりして改善することができています。ぜひこの点も注意してみましょう。

マニュアルを参考に

今回ご紹介した4社は全て親切に「マニュアル」を用意してくれています。初めて有料テーマを購入する場合、どうしても不安になってしまうかもしれませんが、このマニュアルに従えば基本的に綺麗なWEBサイトを構築できるものです。その中でどうしても不明な点、疑問点は、各社の問い合わせで対応もしてくれます。

ポイントは各社毎に、特徴と強みが異なりますので、ぜひその点を意識してテーマ選びを楽しんで見てください!

まとめ

今回は実際に自分が購入して試したものばかり、選りすぐりでご紹介をさせて頂きました。WordPressで作るサイトは自分の分身・会社の分身と言っても過言ではないほど、ビジネスで大切な「顔」となります。ぜひテーマ選びから妥協せずに、有料テーマの購入を検討して見てください。

数十万円支払ってどこかに外注して頼まずとも、かっこいいWEBサイトが構築できてしまうものです。もしそれでも自分で作るが苦手であれば、WEBサイトを構築できる企業・フリーランスの方に「このデザインでお願いしたい」と伝えるだけでも、きちんと作ってくれるでしょう。今回も最後までお読み頂きましてありがとうございました!

「SEOメディア制作のメソッド」&「ストーリーブランディングの教科書」を無料配布しています
良かったらチェックしてみてください
↓↓↓